外資系企業の転職、40代というのは不利になる?

40代の方たちが外資系企業に転職を行うとなるとマネージャークラス、ディレクタークラス、エグゼクティブクラスといった重要なポジションにつくことが多い転職活動がメインとなってくるでしょう。ここでは40代で外資系企業に転職をする際のポイントについて紹介していきます。

 

外資系企業は年齢を重要視しない

日系企業は転職を行う際に年齢を考慮することが非常に多いのですが、外資系企業への転職という点では年齢はあまり気にされない部分が大きいといわれています。実際に、40代や50代といった方たちの外資系企業への転職というのは日系企業よりも充実しているためうまくいくという人が多いです。

 

日系企業の場合だと40代以上の転職、中途採用といった部分ではあまり積極的に動いていないところもあるのですが、外資系企業はそうではない所の方が圧倒的に多いです。

 

40代向けの方たちが外資系企業に転職を行っていく場合、マネージャー、ディレクター、エグゼクティブクラスの求人などが中心となってきます。ですので、これまでのマネジメント経験が非常に大きなキーとなるといって良いでしょう。

 

これまでに、プロジェクトをまとめた経験がある、事業の開発や企画、推進などを行ったことがあるといったものは大きなアピールポイントとなることを覚えておきましょう。

 

人脈を持っていることも大きな鍵に

40代の方外資系企業に転職を行う場合、マネジメント経験などは当然のこととして、それ+人脈が求められる場合もあります。外資系企業の中では、これから日本市場に対して支出を行っていくといったところも大きいため、日経大手企業との人脈などを持っている人ほど待遇が良くなる傾向にあります。

 

面接時に人脈アピールもうまくできれば良いのですが、あくまでも基本となるビジネスやマネジメント経験もアピールできるように用意しておきましょう。