外資系企業への転職に学歴は影響する?

実力社会だと言われている外資系企業。日本の企業というのは学歴が中心となっていることからも、あまり学歴を持っていないといった方たちにとって外資系企業への転職はしやすいものだと思っている方も多いかもしれません。

 

確かに、学歴や性別、国籍なども関係なく、さらには年齢もそこまで重要視されていない世界だということで多くの方たちがチャンスに巡り会うことができると考えている方も多いでしょう。そこでここでは、外資系企業への転職に学歴がどの程度関係してくるのかについて紹介していきます。

 

正社員の採用は大卒が多い

外資系企業の正社員の採用についてですが、これらは基本的に大卒を前提としていることが分かります。どこの大学の出身なのかといった部分もやはり関係してきますし、高卒の方は基本的に正社員として採用してはいないということを考えてみると、ある程度の学歴がなくては外資系企業に正社員として転職をしていくのは難しい部分があるとも言えます。

 

外資系企業というのは母国だけでなく他の国にも企業として進出をしていくことをめざして運営を行っているわけです。そうなると現地スタッフなどは高学歴な人たちが集まるのも納得がいく部分です。

 

そのため同程度の水準のスキルや経験などを持っている人たちが歓迎されています。学歴が高い人というのはベースとなる能力が高いという風に判断されますので、最低限の学歴は必要な部分があると言えるでしょう。

 

専門的な知識があれば歓迎される

例え有名大学を卒業していなくても、専門学校などで専門分野の知識を持っている人というのは歓迎されることがあります。この点では、学歴はあまり関係ないと言えるかもしれません。

 

大事なことは、最低限の知識を有し、即戦力として働くことができるのか、転職を受け入れることによって会社に利益をもたらす人材なのかということです。うけてみなければ分からない部分も大きいため、学歴が無いからといって最初から外資系企業への転職を諦めるのではなく、まずはチャレンジしてみることをおすすめします。