結局のところ、外資系企業に転職するのに適した年齢は?

外資系企業に転職を行う際に、どれくらいの年齢のうちに転職を行っておくのが良いのかというのは気になるポイントかと思います。実は、転職に関して年齢を深く気にするのは日本人の傾向のひとつだと言われています。

 

日系企業は中途採用に対して年齢を重視している部分があるため、一般的な生活を行っている人たちにとっても年齢というのが気になる部分になってくるわけです。

 

しかし、外資系企業というのは日系企業と比べてみると年齢を重視する比率が少ないとされています。年齢や性別などはあまり重要視されておらず、大事なことはどのようなスキルを持っているのか、どういった経験を持っているのか、どのような人脈を持っているのかといった即戦力としての期待、実力主義的な観点での採用を行っていますので年齢をそこまで深く考える必要はありません。

 

若いうちから実力や経験が重要

外資系企業に転職を行う際、20代前半など社会的に若いと言われている年代の人たちは「まだ若くポテンシャルを持っているため採用されやすいだろう」と考えている人もいるかもしれません。

 

もちろん日系企業への転職であればそのような部分が少なからずあるのも事実です。しかし、外資系企業に転職をする場合、年齢が若いからといってただそれだけで採用されるということは考えないほうが良いでしょう。

 

あくまでもスキルをベースとした評価を行っていきますので、実力や経験などが重要視されてきます。もしもこれまでに十分な経験やスキルなどを持ち合わせていない場合だと、現在どのような勉強をしているのか、今後どのようなスキルを身につける予定なのかといったことを具体的にアピールするのが効果的です。

 

30代以降はマネジメント経験が重要

社会人として脂が乗り始める30代以降はどれくらいのマネージメント経験を持っているのかというのが重要視されてきます。日系企業だけでなく、外資系企業もまたマネジメント経験を持つ人材というのは歓迎される傾向にありますので、30代以降の方たちは自分自身のスキルはもちろんのことマネジメント経験についてもきちんとアピールできるようにしておきましょう。