外資系への転職の難易度が高い理由とは

外資系企業に転職を行う場合難易度がかなり高いと言われています。実際に、難易度が高いと感じる方たちも多く、転職エージェントの方たちも外資系への転職をスムーズに行うために様々な手法を用いているのが現状です。では、どうして外資系に転職をすると難易度が高いと言われているのでしょうか。

 

語学力がネックになる

日本人にとって英語などは必修科目のひとつとして必ず誰もが勉強をしているものです。にもかかわらず日本人は英語が苦手だとされています。そのため、外資系に転職を行う場合、語学力がネックとなって難易度が高くなるというケースが考えられます。

 

外資系の転職ではTOEICを基準とした語学力をチェックする傾向が強く、転職を行う企業や業種などによって異なるものの、低いところでもTOEIC450点以上、高いところだと800点以上を設定しているところもありこれまでの仕事に対するスキルや勉強などを行ってきただけでは高学力の面で難易度が高くなることが考えられます。

 

責任が重い

実際に外資系の転職を成功させてからも難易度の高さというのが目立つ部分もあります。その中でも特に大きいのはやはり責任が重いということ。日本の企業の場合だと細かくポジションが決められており、それぞれの職員に定型的な仕事、作業内容が細かく分担されているような仕事内容になっています。

 

しかしその一方で、外資系企業というのは権限と責任を多く与えられて、自分の裁量で仕事をしていく、結果を残すための実力が求められるといった部分があります。そうなってくると、日系企業と異なりかなりハードな内容の仕事になることも珍しくありません。逆に言えば、これらをクリアすることができればキャリアアップや年収アップに繋げやすいというメリットにもなります。