外資系企業といえばどの業界?

外資系企業へ転職を行う場合、新しい業界にチャレンジをするのか、今いる業界への転職を行っていくのかといったことを考えていかなくてはなりません。ここでは外資系企業の転職に置ける業界ごとの市場動向などについて紹介していきます。

 

IT業界

外資系企業のIT業界での転職では次のような特徴があります。まず一つは、トレンドの変化がとても激しいということです。新しいテクノロジーやサービスの登場などによって入れ替わりが頻繁に起こることは外資系企業の転職で覚えておかなくてはなりません。

 

最近で言えば、ソーシャルやクラウド技術、スマートフォンなどが挙げられますが、これらもいつまで続くか分かりません。基本的にはライフサイクルが非常に短い業界だということは覚えておきましょう。

 

しかし、これらの点は必ずしもネガティブな意味を持っているわけではありません。新しいベンチャー企業なども次々と登場してきます。世界を代表するようなグローバル企業に関わることができるチャンスがあるというのは大きなメリットでしょう。

 

保険業界

外資系企業の転職では保険業界もまた人気を集めています。特に2000年代に入ってからは外資系企業が日系企業を買収したり、新規の参入などが増えてきているため転職者たちの受け入れ状況も非常に良好だといえます。特にマネジメント経験を持っている方にとってはキャリアアップや年収アップに繋がりやすいと言えるでしょう。

 

医療業界

外資系企業の中でも安定して転職者が多いのが医療業界です。医療機器メーカーを中心に、医薬品業界なども依然転職者が多く、外資系企業の転職の中でも定番の業界のひとつとなっています。特に日本では高齢化に伴う医療ニーズの増大があるためさらなる成長を見込まれている注目の業界のひとつだと言えるでしょう。