未経験の業界への転職を成功させるポイントとは?

外資系の企業に転職を行う場合、これまで働いてきた業界とは全く異なる、いわゆる業界未経験の方が転職を考えていることもあるでしょう。特に、グローバルな展開を見せている外資系企業への転職というのは希望する方が増えている傾向にあると言われています。

 

海外思考を強く持っているというのはこれからの大きな強みになると言えるでしょう。そこでここでは、協会未経験の方が外資系に転職をする際のポイントについて紹介していきます。

 

基本的に未経験は厳しい<

外資系に転職を行う際、業界未経験の方というのは基本的に採用されるのは難しいといっても過言ではありません。外資系の転職の最低条件のひとつである語学力をクリアすることができていたとしても、業界未経験の方=即戦力として活用する見込みが無いと判断されてしまうためです。

 

日系企業の場合だと、業界未経験であっても会社と一緒に成長をしていく、仕事を通じて成長していくことを見込んで採用してくれるところもありますが、外資系企業は実力主義を採用しているところが多いため、すぐに活かすことのできるスキルを持っている人、十分な経験を持っていて会社の売上、業績などに直結する人ばかりを求めています。

 

まずは国内で経験を積む

外資系に魅力を感じている方で業界未経験の方が転職を行う場合は、まずは国内企業で経験を積んで、十分な実績や経験を残してから転職を行った方がよりスムーズだと言えるでしょう。外資系に転職を行う際に自分をアピールしなくてはなりませんが、そこで相手に魅力的だと思わせるだけの材料を用意しておかなくてはなりません。

 

今すぐにでも外資系に転職をしたいという方もいると思いますが、即戦力としての十分なスキルを持ち合わせていなければ実際に採用されてからも苦しい状況に陥る可能性があります。

 

もちろんすべての外資系企業が未経験の方を断っているというわけではありませんので、まずは転職エージェントなどを活用し、未経験の方でも働ける外資系企業を探すことも大事です。