外資系企業への転職は中途採用が主流?

外資系企業で働きたい!と思った場合、基本的には中途採用を経て入社していくというのが一般的となっています。日系企業の場合だと、新卒学生を募集した上で1から新人を育てていくというのが基本となるわけなのですが、外資系企業の場合だと少し色が異なってきます。

 

外資系企業でももちろん新卒者を募集しているのですが、それ以上に即戦力として通用することができる中途採用者を積極的に採用していくことによって実績を伸ばしていく、売上を挙げていくことを目指していくところがほとんどとなっています。

 

そのため、外資系企業に転職を行う場合はほとんどの方が中途採用を経てから採用されるという形になっています。

 

実績がものを言う

外資系に転職を行う場合、中途採用では実績が物を言います。十分な実績を持っていなければ、どれだけ高学歴な人であったとしても採用されることはありませんし、逆に言えば学歴がそこまで高いわけではないけれど十分な実績、魅力的なアピールポイントを持っている人であれば簡単に外資系の中途採用に合格することができるという側面があります。とにかく実力主義、即戦力を求める外資系だからこそ中途採用が中心になっているのが分かるのではないでしょうか。

 

業界によっては中途採用が無いことも

外資系企業の全てが中途採用を行っているというわけではありません。特に人気のある業界というのは中途採用だけでなく、新人の採用すら行っていないところもあります。

 

そのような業界ではどのようにして人材を集めているのかというと、アルバイトや契約社員といった形でまずは人材を囲い入れてからその中で優秀な人だけを正社員としてステップアップしていくといった方法をとっています。ですので、希望する外資系で働きたいと思っているけれど中途採用すらしていないといった場合はアルバイトからのスタートになるケースもあるということも覚えておいたほうが良いかもしれません。