第二新卒者は外資系企業へ転職しやすい?

日系企業の場合だと、第二新卒の転職というのはあまり歓迎されないことの方が多いです。というのも、日系企業の特徴のひとつとして新卒を大事に育てていきたいという風潮があること、第二新卒て転職を行うということは「もしかするとすぐに辞めてしまうかもしれない」という警戒心を抱かせてしまう可能性があるといったものがあります。

 

では、外資系企業に転職を行う際、第二新卒の方はどのような扱いになっているのでしょうか。

 

第二新卒は歓迎されることが多い

外資系企業に転職を行う場合、新卒者の方よりも第二新卒者の方が歓迎されることが多いです。その理由として、社会人としての経験を持っていること、業界経験を持っており、スキルなども持ち合わせていることなどが挙げられます。

 

外資系企業というのは実力主義が中心となっており、転職者を募集するときには即戦力として働くことができる人を優先的に採用していきます。

 

すぐ戦力となる人材が欲しい、すぐに結果が欲しい、会社に直接利益をもたらす人材が欲しいという外資系ならではの事情があります。そう考えてみると、第二新卒よりも中途採用などの方がさらに転職しやすいと言えるのですが、第二新卒者のポテンシャルなども考慮した上でそちらが優先される場合も考えられます。

 

大学卒業から第二新卒までの実績が重要

では第二新卒の方外資系に転職をする場合どのような庭に注意していけば良いでしょうか。最も大事なことは、大学を卒業してから、第二新卒までの間にどのような結果を残すことができたのか、実績を残すことができたのかという点が重要だということです。

 

もしもどれだけ良い大学を卒業していたとしても転職を行うまでに十分な実績を残すことができなければ「ただ頭が良いだけの人」という評価で終わってしまいます。それが外資系企業なんです。

 

ですので、もしもこれまでに十分な実績や経験などを積むことができていないというのであれば国内企業大手の転職を行って実績を積んでから外資系企業への転職を検討したほうが良い場合もあります。