外資系転職エージェントの選び方

◆転職エージェントを活用しよう!

 

転職エージェントとは、厚生労働大臣の認可を受けている、民間の職業紹介・斡旋会社のことをいい、正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれるものです。
「人材紹介会社」という名称で知られてきたのですが、2006年に新しくリクルートエージェント社が命名されたことにより、「転職エージェント」という名称が一般的に広まるようになりました。

 

当サイトは2005年より「外資系転職エージェント情報」という名前で活動を始めたということもあり、転職エージェントサイトとしては実績のあるサイトとなっています。

 

転職エージェントでは、転職希望者と企業とのマッチングが主なサービスとなります。
正社員や契約社員などを求めている企業の情報を集め、求人情報として転職希望者へ紹介していきます。
転職希望者の実績や有する資格、希望する労働条件等から、その人に合う求人情報を探します。

 

転職希望者に対する面接アドバイスや労働条件・給与交渉等のサポートも行っております。
求人情報を紹介するだけでなく、転職希望者と企業との間に円満な関係をもたらすことを目標としております。

 

 

日本国内の転職エージェンには、
「JACリクルートメント」
「パソナキャリアカンパニー」
「DODA」
などが大手として挙げることができます。

 

また、外資系転職エージェントには、
「Adecco」
などを挙げることができます。

 

また、外資系転職エージェントの中には、外国人が国内で起業した外資系企業を専門に扱う、よりグローバルなエージェントも存在します。

 

 

実際に外資系企業に転職を考える際、これらのエージェントサービスを活用することはとても効率的であるといえます。
しかし、企業選びはもちろんエージェント選びにも慎重にならなければいけません。
数多くある転職エージェントですが、外資系企業に強いエージェントとそうでないエージェントと存在しますので、しっかりと見極めることが大切です。

 

外資系企業に強いエージェントには、独自のネットワークを使って外資系企業の求人情報を集めていたり、実際に海外で外資系企業の売り込みを行っているところもあります。
また、転職希望者に対するセミナーを開き、履歴書や英語論文の書き方を学ぶことができたり、外資系企業に在籍していた外国人等を相手に面接練習をすることができたりするところもあります。

 

このように、外資系企業への転職に特に力を入れている転職エージェントを選び、より自分の転職にプラスとなるサービスを活用できると、効率よく外資系企業への転職も望めるようになります。

外資系企業への転職方法は、企業のHPを見て、求人情報を探して応募する方法や、ハローワークや転職情報サイトなどの求人情報を仲介している機関を利用する方法、また、友人や親族・知り合いなどのコネを使い、企業の求人を教えてもらう方法など、色々な外資系企業への転職方法あります。しかし、転職エージェントを使うことが、外資系企業への転職を成功させる一番の手段だといえます。それは、転職エージェントを使うと、給与や...

厚生労働大臣から認可を受けている民間の職業紹介・斡旋会社を転職エージェントと呼び、その正式名称を、“有料職業紹介事業所”といいます。転職希望者と、社員を募集している企業との仲介サービスを主な活動としており。転職エージェントは、転職希望者の条件に見合った求人を、集めた求人情報の中から探し出して紹介します。また紹介だけで終わるのではなく、面接に対してのアドバイスやアレンジ、年収・賞与の交渉などを支援し...

転職エージェントや転職サイトは効率的に転職活動を進めるためには、登録しておきたいかと思います。では、一体いくつの転職エージェントや転職サイトに登録しておくのがベストなのかを下記で説明していきます。転職エージェントや転職サイトでは、それぞれによって持っている求人情報は異なります。そのため、最低でも5、6個の転職エージェントや転職サイトに登録しておくと良いでしょう。企業や求人によっては重複場合もありま...

転職エージェントや人材紹介業者は国内だけでも2万社近く存在しています。もちろん2万社の転職エージェントの中には良い転職エージェントやそうでない転職エージェントも存在しています。では、一体良い転職エージェントとはどのような転職エージェントのことを指すのでしょうか。これを、今まで経験したり、感じたりしたことを元に説明していきます。良い転職エージェントというのは、転職エージェント会社やサイトに対して判断...

私自身、外資系企業への転職活動で、さまざまな転職エージェント・コンサルタントと出会ってきました。その中には、自分の希望や条件に見合った求人を積極的に紹介してくれるような、良いエージェント・コンサルタントがたくさんいました。しかしその一方で、中にはあまり良いとはいえないダメな転職エージェントやコンサルタントとも出会ってきました。私が今まで出会ってきた、ダメダメな転職エージェントやコンサルタントの特徴...

転職エージェントとは一般的に、転職希望者の代理として動くことを仕事としています。例えば、企業や求人情報を収集したり、求人企業へ履歴書やレジュメの提出、面接のアポイントを取ったりしています。そして、転職エージェントは、転職が成功した場合は、報酬として転職者の年収の20〜30%を受け取ります。また、その一方で転職サイトは、求人情報の掲載や、転職サイトに求人会社サイトへリンクを貼り、人材収集することで動...

転職を考えている方、特に外資系企業への転職希望の方は、転職エージェント・ヘッドハンターを利用するといいでしょう。転職エージェント・ヘッドハンターの中には外資系企業・海外企業に強いところが何社かあるので、それらを探し有効利用すると効率的です。インターネットを使うと簡単に探すことができます。「外資系」「転職」といったキーワードを組み合わせて検索すると、さまざまな転職エージェントが出てきます。また、海外...

「高収入を得たい。でも、初めてだから何から始めればいいか分からない…」「インセンティブやコミッションは魅力的、でも外資系の求人情報ってどこで入手すれば…」転職をしようと思っても、転職経験がないと、何から始めていいか分からないと思います。特に日本企業ではなく外資系企業ともなると、当然のことでしょう。もちろん、外資系の転職エージェントが外資系企業の求人情報をたくさん持っているのは当たり前でしょう。しか...

◆外資系転職活動を効率よく進めるためには。外資系企業への転職を効率よく行うために活用していただきたい転職エージェント。実際に転職活動を行うにあたって、いくつくらいの転職エージェントに登録しておくべきなのでしょうか。一般的には、最低5つの転職エージェントへの登録がおすすめです。というのは、転職エージェントによって求人情報の内容や求める人材の傾向が変わってくるからです。もちろん、複数の転職エージェント...