いまさら聞けない!転職サイトとエージェントって何が違うの?

転職エージェントとは一般的に、転職希望者の代理として動くことを仕事としています。例えば、企業や求人情報を収集したり、求人企業へ履歴書やレジュメの提出、面接のアポイントを取ったりしています。

 

そして、転職エージェントは、転職が成功した場合は、報酬として転職者の年収の20〜30%を受け取ります。

 

また、その一方で転職サイトは、求人情報の掲載や、転職サイトに求人会社サイトへリンクを貼り、人材収集することで動いています。その収益は、サイトへ広告を掲載し、広告掲載料や成果報酬型広告と呼ばれるアフィリエイトなどがメインとなって運営されています。

 

少し前までは、転職エージェントがクライアント(転職希望者)を探す方法として、新聞広告や人づて(口コミ)、または飛び込み電話などを主流としていました。

 

しかし、現在ではホームページからクライアントを集める方法がメインとなってきました。なので、インターネット上にある転職サイトでも、転職エージェントが運営しているサイトが増えてきており、転職エージェントと転職サイトのライン引きが難しくなってきています。