効率よく転職エージェントを利用するには何社に登録?

◆外資系転職活動を効率よく進めるためには。

 

外資系企業への転職を効率よく行うために活用していただきたい転職エージェント。
実際に転職活動を行うにあたって、いくつくらいの転職エージェントに登録しておくべきなのでしょうか。

 

一般的には、最低5つの転職エージェントへの登録がおすすめです。
というのは、転職エージェントによって求人情報の内容や求める人材の傾向が変わってくるからです。

 

もちろん、複数の転職エージェントに登録すると求人情報が重複している場合もあります。
しかし、それはほんの一部であると考えて差し支えありません。
それぞれの転職エージェントには、独自に扱っている求人情報が多く存在します。

 

よって、ひとつの転職エージェントにしか登録していない場合、自分に適した内容の求人情報が他社転職エージェントにしか存在していないということが有り得るのです。
転職エージェントの中には「どこのエージェントも扱っている情報は同じです」と謳っているところもありますが、そんなことは決してありません。

 

それぞれの転職エージェントは、独自の繋がりを使って求人情報を扱っているため、転職エージェントによって情報の内容は大きく変わってきます。
そのため、なるべく多くの転職エージェントに登録して、数多くの求人情報を手にすることが大切になります。

 

しかし、数多くの転職エージェントに登録してしまうと、面接を毎回こなさなければならないというデメリットが出てきます。
各エージェントに同じような内容の面接を行うというのは時間も労力も不効率だといえます。

 

そんな時間と労力を節約するためには、電話での面接を希望してみましょう。
すべての転職エージェントに対応してもらえるというわけではないでしょうが、転職希望内容についての詳細や仕事の経歴等の確認を電話で行っているエージェントもあります。

 

景気が上向きであるといっても、1,2つの転職エージェントに登録しただけでは希望する転職を行うことは難しいといえます。
たしかに重複する部分もあって面倒に感じることもあるかもしれませんが、効率よく、また納得のいく転職を行うには最低5つ、できればもっと多くの転職エージェントへの登録をおすすめします。