外資系企業への転職を成功させる8つのステップ

外資系企業への転職方法は、企業のHPを見て、求人情報を探して応募する方法や、ハローワークや転職情報サイトなどの求人情報を仲介している機関を利用する方法、また、友人や親族・知り合いなどのコネを使い、企業の求人を教えてもらう方法など、色々な外資系企業への転職方法あります。しかし、転職エージェントを使うことが、外資系企業への転職を成功させる一番の手段だといえます。

 

それは、転職エージェントを使うと、給与や賞与といった賃金体系・待遇などの交渉を代わりにしてくれます。それに加えて、情報収集や応募手続きなどの作業が短縮され、就職活動の時間をかなり節約することができることが一番の理由だといえます。

 

また、交渉は専門家のコンサルタントがしますので、自分で直接交渉するよりも確実で、より高い給与額を得られる可能性が上がるといえます。

 

また、転職エージェントを使用した際の外資系企業へ転職するまでには、下記のように8つステップがあります。

 

 

  1. 外資系の転職エージェントの検索
  2. エージェントへの連絡
  3. 履歴書と資料の送付(英文)
  4. 転職エージェントとの面談
  5. 転職エージェントから外資系企業を紹介してもらう
  6. 外資系企業と2〜4回の面接(企業により、英語試験や適性試験などがある)
  7. 信用調査やリファレンス
  8. 契約の締結

 

これらのステップでは、早くて2ヶ月、最大で数か月ほどかかることもあります。日本企業への転職と比較して、外資系企業への転職の場合は、比較的短期間で結果が出るといわれています。しかし、転職活動をする際には、企業や時期によっては結果が出るまでに時間がかかる場合もあることを認識しておくといいでしょう。

 

また、転職の理由や目的を明確にさせてから転職活動を行うことも、転職で失敗しないためにも重要なことです。