転職エージェントの強みを知って効率的に転職活動

厚生労働大臣から認可を受けている民間の職業紹介・斡旋会社を転職エージェントと呼び、その正式名称を、“有料職業紹介事業所”といいます。

 

転職希望者と、社員を募集している企業との仲介サービスを主な活動としており。転職エージェントは、転職希望者の条件に見合った求人を、集めた求人情報の中から探し出して紹介します。

 

また紹介だけで終わるのではなく、面接に対してのアドバイスやアレンジ、年収・賞与の交渉などを支援してくれます。そして、転職エージェントは、転職の希望者と求人を出している企業の両方にメリットがある転職の成功を目標としています。

 

これらのことから、外資系企業に転職するときは、転職エージェントを使うことで、効率的に転職活動行うことができ、非常に良い手段といえます。しかし、転職エージェント毎にタイプが違うので、自身の希望する転職先や業種を明確にして、エージェントを選らぶ必要があります。

 

つまり、外資系企業に転職希望であるなら、外資系企業のタイプの転職エージェントを選定しなくてはなりません。

 

また、海外で外資系企業の売り込みを図っていたり、さまざまな情報網を駆使して外資系企業の求人情報を得ている転職エージェントもあります。

 

さらに、元外資系人事担当者を招き、英語での面接の指導や、英文での履歴書や資料の記入方法の指導など、さまざまなサポートに力を入れている転職エージェントもあります。

 

これらのような外資系企業に重点を置いている転職エージェントを探して、求人情報やさまざまなサポートを受けることが、外資系企業の転職成功への近道になるといえます。

 

 

外資系転職に強いエージェント

転職エージェントには、外資系企業への転職を中心とした、いわゆる外資系転職エージェントが存在します。
しかし、外資系に強いといわれている外資系転職エージェントのみならず、日本国内での転職を中心とした、いわゆる日系転職エージェントのなかにも、外資系企業への転職情報を数多く、そして効率的に紹介してくれるエージェントもあります。

 

外資系転職エージェントと比較して、日系転職エージェントには「英語が苦手であるという不安が少ない」というメリットがあります。
というのは、面談相手や交渉相手の多くが日本人であるためです。

 

また、日系転職エージェントの場合は、クライアントとして大手外資系企業や日本企業とのM&A等で大きくなっている外資系企業などを扱っている傾向が強いため、大手外資系企業への転職を希望している方にとってはより適したエージェントといえます。
また、外資系企業への転職が初めてという方にも、日系転職エージェントをおすすめします。

 

ここからは、日系転職エージェントの中でも外資系企業からの求人情報を多く扱っている転職エージェントを紹介していきます。

 

【JAC Recruitment】
イギリスをはじめ、シンガポール・中国・鯛・マレーシア・インドネシア・香港・韓国と世界8カ国に拠点をもっている転職エージェント。
転職サポートも充実しており、グローバルな選択肢が広がります。

 

【リクルートエージェント】
業界最大手の転職エージェント。
比較的英語を使いこなせる方向けの求人が多く、独自の求人情報も多く扱っています。

 

【DODA】
株式会社インテリジェンスが運営する、転職エージェントサイト。
数多くの転職希望者が利用しており、年間1万人以上の転職サポートを行っています。

 

【アデコ】
スイス系の大手外資系転職エージェント。
60を超える国と地域で展開しており、その拠点は5500以上にのぼります。

 

【typeの人材紹介】
キャリアデザインセンターが提供する転職エージェント。
キャリアアップをはかりたい人におすすめで、その実績は利用者の71%の年収がアップしたというほどです。