外資系企業への転職に転職回数は影響する?

外資系企業に転職をするときは、自分のスキルや経験、英語力などが重要視されるというイメージがあります。

 

そしてそれは正しいことです。しかし、何度も外資系への転職を希望しているにもかかわらず毎回書類選考で落とされてしまうというケースもあります。

 

十分な実力やスキルを備えているにもかかわらず等してこのようなことが起こるのかというと、転職回数が多い人は書類選考の時点でなかなか通ることができないというのが意外と多いからです。

 

長く働ける人が欲しい

外資系企業でも日系企業でも共通していることなのですが、転職者を中途採用として雇い入れる場合、長い間働いて欲しいと考えるのはどこも同じことです。給料の高さや待遇だけでどんどん転職をするという人もいると思いますが、そのような場合だとどうしても信用関係に響いてきてしまいますので選考基準という意味を考えると転職回数が多いほど外資系の転職が不利になっていくのは間違いないでしょう。

 

外資系企業というのは日系企業とは異なり非常にシビアな実力主義を採用しているところが多いです。そのため、即戦力として働くことができることが最低条件になるのですが、最近ではパーソナリティを重視している外資系企業も増えてきているということも覚えておいたほうが良いでしょう。

 

実際に受けてみないと分からない

転職回数が多いから外資系への転職はもう無理だろうと諦めるのはまだ早いと言わざるを得ません。外資系企業の中には、転職回数が多くてもそれなりのスキルや実績などを持っている人を積極的に採用しているところもまだまだたくさんあります。

 

ですので、転職回数の多さも大事ですが実際に受けてみるまでどうなるか分らないというのが外資系を転職の特徴のひとつでもあります。自分自身のアピールポイントをしっかりと整理した上で応募してみましょう。

外資系の転職は転職回数が多いと不利になる?関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
面接対策
外資系に転職するリスク
転職失敗のパターン
年収について
説明会に参加
外資系のメリットデメリット
ヘッドハンティング
オファーレター
福利厚生
動機に対する回答
安定は求められない?
外資系転職の注意点
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系・・・離職率は?
外資系企業の離職率。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。