外資系からヘッドハンティングを受けたらどのように対応するべきか

転職サイトなどに登録をしていないにもかかわらず外資系企業からヘッドハンティングを受けるという場合があります。そのようなとき、転職をするべきなのだろうか?と悩んでしまいますよね。

 

そもそも、どうして特にサイトなどに登録しているわけでもないのにヘッドハンティングが来るのか不思議に思う人もたくさんいると思います。日本では、まだまだヘッドハンティングが一般的に浸透しているとは言いがたい部分があります。

 

知り合いの人から会社を立ち上げるからヘッドハンティングさせて欲しいといった風な使われ方はしていますが、知らない企業からの突然のヘッドハンティングというのは基本的に日系企業ではあまりありません。だからこそ、「何だかうさん臭い」と警戒して転職のチャンスを逃してしまう人が多いです。

 

まずはコンサルタントと話を

外資系からヘッドハンティングの話が来て、転職をするべきか悩んでいる場合はヘッドハンティングの連絡してきたコンサルタント等しっかりと話をすることが大切です。

 

どうして自分が必要とされているのか、どのようなポジションを用意されているのか、将来的にプラスになるのかどうかなど自分が不安に思う点や疑問に思う点があったらすべてコンサルタントにぶつけるくらいの気持ちでよいと思います。

 

なかなか仕事の都合上コンサルタントと面談する時間的な余裕が無いという場合は電話やメールでのやりとりなどでも良いので話を聞く事とこちらから尋ねることを忘れずに。

 

将来的な転職も視野に

外資系からヘッドハンティングの話が来てそのときにすぐに断ってしまうというのはもったいないことしているかもしれません。今はすぐに転職するのが難しい状況であったとしても、将来的には転職することができるかもしれない状況が来るかもしれませんし、相手も待ってくれることも考えられます。

 

そのあたりのことも視野に入れたうえでどのように話を進めていくのかを考えてみましょう。

外資系からヘッドハンティングを受けたら転職するべき?関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
面接対策
転職回数について
外資系に転職するリスク
転職失敗のパターン
年収について
説明会に参加
外資系のメリットデメリット
オファーレター
福利厚生
動機に対する回答
安定は求められない?
外資系転職の注意点
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系・・・離職率は?
外資系企業の離職率。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。