外資系の転職で面接対策に特別なことはある?

外資系企業に転職を行う場合、最大のネックとも言えるのがやはり面接ではないでしょうか。外資系転職の面接の場合だと英語でのやりとりも行わなくてはなりませんし、日系企業とは異なる部分も少なからずあります。そこでここでは、外資系企業への転職で面接対策として注意していきたいポイントについて紹介していきます。

 

基本的には国内の面接と同じ

外資系の転職ということで面接が不安だという方も多いでしょう。しかし、基本的な部分は国内の面接と同じであることを覚えておきましょう。自分がどのような経歴や実績を持っているのか、どういったスキルがあるのかということを面接官に対してアピールしていくという大前提は外資系、日系と同じことです。

 

まずは転職エージェントと相談

外資系企業に転職をする場合、面接対策として転職エージェントと相談をすることをおすすめします。転職エージェントはそれぞれの外資系企業の傾向などを把握していることも多いので具体的な面接の対策方法を紹介してくれる場合が考えられます。

 

例えば、外国人が面接官を務めている、どのような人材を求めているといったことです。これらを知っているのと知らないのとでは面接の対策方法が変わってくることもあると思います。

 

謙遜しない態度で

日本人の美徳に「謙遜」があります。そのため、日系企業での面接の場合は自分を過剰にアピールするのではなく、謙遜した態度で臨んだ方が良いこともあります。しかし、外資系に転職を行い、面接の中で謙遜を行うと「自分に自信が無いのだろう」と判断されてしまうことの方が圧倒的に多いのです。

 

ですので、あくまでも外資系への転職だということを忘れずに、謙遜をするのではなくきちんと自己アピールをしていくこと、どのようにすれば相手に魅力的に聞こえるのかを考えることが大事です。

外資系の転職で面接対策はどのように行えば良い?関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
転職回数について
外資系に転職するリスク
転職失敗のパターン
年収について
説明会に参加
外資系のメリットデメリット
ヘッドハンティング
オファーレター
福利厚生
動機に対する回答
安定は求められない?
外資系転職の注意点
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系・・・離職率は?
外資系企業の離職率。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。