外資系の現地採用

外資系で現地採用をしてもらうのは難しいのでしょうか。いいえ、むしろ本社採用よりも現地採用の方が簡単だと言えそうです。外資系企業は少々ややこしいのですが、本社は海外にあるため、本社採用が海外で現地採用は日本での採用ということになります。ですので、現地採用の方が本社採用よりも簡単なのです。慣れない環境で即戦力として活躍するには時間がかかりますが日本で採用すると、即戦力として活躍することは可能です。それにさすがにわざわざ本社のある海外まで行くというのは相当な語学力とビジネスマンとしての能力がないと困難ですよね。

 

外資系の現地採用は日本国内での採用ということなので、企業によっては社員がほぼ日本人ということもあります。もちろん、国内企業であれば不自然ではありませんが、外資系のはずなのに日本人ばかりというのも少々不思議ですよね。ですが、日本人が多いので英語でコミュニケーション取る必要もありませんし、わからないことがあれば聞きやすいですし、メリットも多いはずです。

 

しかしもし現地採用から本社へ勤務になったら出世できるチャンスかもしれません。出世という考え方が好きでない場合は、自分の実力が世界でどのくらい通じるのか試すいい機会だと言えます。国内にいても世界とビジネスはできますが、はやり外に出るのと出ないのでは大違いですよね。もちろん、本社勤務になるということは日本語より英語を使う状況になりますし、日常会話ではなくしっかりとビジネス英語を使えなくてはいけません。もちろん、現地採用だから本社勤務になることはほぼない業種の仕事もあります。例えば、生命保険がそうだと言えます。ですが、外資系で働く限りは即戦力になることと、成果をあげるという点がどこにいても変わらないミッションです。