外資系へ転職する際のメリットとデメリットとは?

初めて外資系企業に転職をしようと思っている方は外資系企業で働くことのメリットやデメリットについて十分把握できていないことも考えられます。実際に転職をしてみて後悔することが無いように外資系に転職をすることのメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

 

メリット

外資系企業に転職をすることのメリットとしては次のようなものがあります。

 

給料が高い

外資系企業は日系企業と比較すると年収など給料に関する部分がかなり優遇されていることが多いです。

 

また、同時に実力や成果次第によってはコミッションが加算されてさらなる年収アップを目指すことができるというのも外資系企業の大きな魅力のひとつだと言えるでしょう。

 

性別や年齢による差別が少ない

日系企業だとどうしても男性優位、転職という意味では若い人のほうが有利という部分があります。

 

しかし、外資系企業の場合だと男性や女性、年齢による差別はなく、あくまでも実力のある人が正当に評価されるという風潮になっています。

 

ハイレベルな仕事ができる


外資系に転職を行うと、自分の責任で自分のやりたいように仕事を進めていくことができるということが多いです。そのため、自主性、主体性、創造性を重んじた働き方ができると言えるでしょう。

 

周りの人たちもハイレベルな人が多いため仕事にやりがいを感じることができるというのは大きなメリットになります。

 

デメリット

では外資系に転職をする事のデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

 

雇用リスク

外資系に転職をする事の大きなデメリットのひとつとして雇用に対する安定性の低さが挙げられます。実績を残すことができなければすぐにリストラ、本社の意向により日本参入の取り止めによるリストラなど雇用リスクは考えておかなくてはなりません。

 

ドライな人間関係

外資系で働く人たちというのは仕事のオン・オフがとてもはっきりとしています。そのため仕事上でのつき合いはあってもプライベートでのつき合いは一切ないといったことも珍しくありません。

 

会社の人ともしっかりとコミュニケーションを取りながら密接な関係になりたいという人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

外資系に転職をする前に覚えておきたいメリットとデメリット関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
面接対策
転職回数について
外資系に転職するリスク
転職失敗のパターン
年収について
説明会に参加
ヘッドハンティング
オファーレター
福利厚生
動機に対する回答
安定は求められない?
外資系転職の注意点
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系・・・離職率は?
外資系企業の離職率。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。