外資系企業への転職で失敗したと思う瞬間とは?

外資系企業に転職をしたいと考える方が年々増えている傾向にあります。特に若い方というのは外資系企業に対して強い憧れを抱いていることもあり、日系企業である程度経験を積んでから外資系企業に転職をしていくという場合が多いようです。

 

しかし、憧れの外資系企業に転職をしたのは良いけれど、「失敗したなぁ」と思う瞬間が少なからずあるようです。そこでここでは、外資系企業に転職をした時に失敗したと感じる2つのパターンについて紹介していきます。

 

責任もすべて自分にかかってくる

日系企業の場合だと誰かがミスした時はチームで責任を果たしていくというケースが圧倒的に多いのですが、外資系企業の場合だと個人がすべての責任を受け負い、自分の責任で仕事を進めていくという特徴があります。

 

そのため、予想以上のプレッシャーと戦いながらの仕事になってくるため「こんなにきついとは思わなかった」と失敗したと感じる人が多いようです。外資系企業の場合だと結果を残すことができないとすぐにリストラにあってしまうといったことも考えられますのでそのあたりのリスクについても白色必要があります。

 

思っていたより給料が上がらなかった

外資系企業に転職をすれば給料がアップする、キャリアアップを果たすことができるというイメージが強いです。しかし、いざ外資系企業に転職をしたにもかかわらず以前と大して変わらない給料だった、そこまで給料アップにならなかったというケースも珍しくありません。

 

ですので、転職を行っていくときには外資系であれに形であれどのような待遇が用意されているのかを事前に確認しないと失敗したと感じてしまうようです。

外資系企業への転職で失敗したと感じる2つのパターン関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
面接対策
転職回数について
外資系に転職するリスク
年収について
説明会に参加
外資系のメリットデメリット
ヘッドハンティング
オファーレター
福利厚生
動機に対する回答
安定は求められない?
外資系転職の注意点
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系・・・離職率は?
外資系企業の離職率。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。