外資系企業へ転職、志望動機はどうこたえる?

外資系に転職を行い、面接時に必ず聞かれる定番の質問の中に「動機」が挙げられます。日系企業にて転職を行う際にも動機はかなり重要なポイントとなってきますが、それは外資系に転職をする時も全く同じことです。そこでここでは、外資系に転職をする際に必ず聞かれる動機はどのように答えていくのが良いのかについて考えていきたいと思います。

 

動機は入社意欲へのアピール

まず始めに覚えておいて欲しいのが、外資系に転職をする際に聞かれる動機というのはあなたが思った動機、例えば年収をアップさせたい、キャリアアップを目指したい、グローバルな活躍をしてみたい、世界規模の最新鋭の技術に触れてみたいといったものをそのまま簡潔に述べるのではなく、あくまでも入社意欲へのアピールとして伝えていく必要があるということです。

 

外資系企業といえど、取り扱う商品やサービス、得意な分野といったものはそれぞれ異なるものです。仕事の進め方や会社の雰囲気はもちろんのこと、待遇なども含めた上で個性だと考えている外資系企業はたくさんあります。そのため、これらを十分に理解した上で、転職をすることによってそれらの個性と適合するのかをアピールしていく、具体的に説明することが大事です。

 

面接対応のテンプレートとしてよくある「御社のサービスに興味があったから」「御社の経営方針に共感を覚えたから」といったものは全く具体性がありません。そうではなく、細かい事例などを加えながら動機をアピールしていきましょう。

 

自分にしかできないことがある

外資系に転職をする際は実力や実績などがとても重要視されます。これらの実力、実績などを十分に持っているのであれば「自分にしかできないことがある」というのは十分な動機としてアピールすることができます。とにかく日系企業以上に即戦力を求める傾向にありますのでそのあたりもアピールに絡めていくことができると良いですね。

外資系に転職をする際に必ず聞かれる動機はどう答える?関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
面接対策
転職回数について
外資系に転職するリスク
転職失敗のパターン
年収について
説明会に参加
外資系のメリットデメリット
ヘッドハンティング
オファーレター
福利厚生
安定は求められない?
外資系転職の注意点
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系・・・離職率は?
外資系企業の離職率。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。