外資系転職、ここだけは押さえよう

外資系企業への転職を行う場合、いくつかの覚えておいたほうが良い注意点があります。これらの注意点をしっかりと把握した上で外資系に転職を行うのかを検討していくようにしたいところです。

 

福利厚生

外資系に転職をするときに必ずチェックしておきたいのが福利厚生です。日系企業の場合だといずれの会社も福利厚生をそれなりに用意しています。しかし、外資系企業の場合だと福利厚生を全く用意していない、あるいは用意していても必要最低限のものだけということが珍しくありません。

 

転職をしてみて、当然福利厚生を受けられるものだと思っていたのにそもそも福利厚生が用意されていなかったといったことはよくある話ですので注意点として覚えておきましょう。

 

謙遜は不必要

日系企業で働いているときは謙遜することが美徳のひとつとして私たちに定着していますが、外資系に転職をする時には謙遜は基本的に必要ないものだということを注意点として覚えておきましょう。海外の人たちにも謙遜という態度は通じる部分があるのですが、日本人ほど前向きにとらえてくれるわけではありません。

 

「自分に自信が無いのかな?」「責任逃れをしたいんだろう」といった風にとらえられてしまうことがあります。どちらかというと、どんどん自分をアピールしていくパーソナリティの方が受け入れられやすいです。

 

米国企業だけではない

外資系と言えば米国企業や英国企業というイメージが強いです。しかし、外資系企業に転職をしてみていざ本社が米国企業や英国企業でなかったといったことに気付いたというケースもあります。

 

フランスやドイツといったヨーロッパの企業もあれば、韓国や中国といったアジア系の企業も外資系企業として参入してきていますので、転職をする際にはどこの国の企業なのか、その企業特有の文化はどのようなものなのかもリサーチしておくように注意しておきましょう。

外資系に転職をするにあたって覚えておきたい注意点関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
面接対策
転職回数について
外資系に転職するリスク
転職失敗のパターン
年収について
説明会に参加
外資系のメリットデメリット
ヘッドハンティング
オファーレター
福利厚生
動機に対する回答
安定は求められない?
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系・・・離職率は?
外資系企業の離職率。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。