外資系の転職に安定を求めてはいけない?

日本の経済もかなり安定してきたと言われていますが、まだまだ不透明な部分が多く、油断ならない状況が続いているといっても過言ではありませんそこで、安定を求めて外資系に転職をしたいと考える方もたくさんいます。では実際に外資系に転職をすることによって安定を手に入れることができるものなのでしょうか。

 

業績によって安定度合いが変わる

外資系に転職をする前に覚えておいて欲しいのが、外資系企業は業績が好調なときは大量募集を行い、業績が不調なときは大量解雇を行うということです。

 

経営に少しでも赤字が出てくるとすぐに人員削減を行うことで経費を削減しようとしますのでかなり容赦のない、転職をした人からすると理不尽とも思えるようなリストラが待っていることもあります。

 

そのため外資系に転職をする時には業績が好調なところを選んだほうが良いのですが、日本経済だけでなく世界的な経済状況なども外資系には影響してきますので判断・見極めが難しいのも実際のところです。

 

実績が無いとすぐに解雇

外資系の特徴のひとつとして挙げられるのが実績が無いとすぐに解雇されてしまうということが挙げられます。

 

日系企業の場合だとなかなか実績を上げることができなくても粘り強く待ってもらえたり、場合によっては子会社などに転籍を勧めてくれたりといった猶予を準備してくれることがあるのですが、外資系の場合だと容赦なくリストラされることもあります。

 

最近では外資系企業も日系企業と同じような形を行っているところも増えてきているのですが、それでもやはり解雇に対してはとてもシビアだと言わざるを得ません。安定を求めるのであれば、これらの点を考えたうえでリストラされることが無い十分な実力や実績を兼ねそろえていないと難しいでしょう。

安定を求めて外資系に転職をするのは間違い?関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
面接対策
転職回数について
外資系に転職するリスク
転職失敗のパターン
年収について
説明会に参加
外資系のメリットデメリット
ヘッドハンティング
オファーレター
福利厚生
動機に対する回答
外資系転職の注意点
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系・・・離職率は?
外資系企業の離職率。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。