外資系・・・離職率は?

外資系企業の離職率は日本と比べて高いのでしょうか?

 

外資系は日本企業と異なり成果主義を導入している企業が多いようです。成果主義とは、仕事の成果に対して払われる対価です。もともと、外資系の企業は一般的に日本企業に比べて給料がいいとされています。しかしその分外資系企業には手当や福利厚生がなかったり、あっても日本企業に比べて少なかったりします。つまり、外資系で働いている人たちは自分で国民年金や国民健康保険の手続きをして自分で払わなくてはいけないのです。そうなると結局手取りでもらう額は多くても自分で自由に使える額は日本企業の給料とあまり変わらないという場合があるのです。それなのに成果主義は仕事の成果に応じて対価が支払われるというシステムです。例えば仕事で失敗するとその分給料も減俸されることがあります。日本企業では仕事で失敗しても大きく減俸されるということはそうそうありませんよね。このリスクの差はかなり大きいのではないでしょうか。がんばればその分給料もあがるが、失敗すればその分給料が下がるというのはまさにハイリスクハイリターンと言えそうです。そのリスクを回避すべくあるのが日本の年功序列制なのかもしれません。

 

日本は終身雇用制を導入しています。それを支えるのが年功序列制ですが、勤務年数に応じて少しずつ給料が上がっていくというものです。給料の振り幅が大きくない分、リスクも少ないわけです。多少ミスしても多めにみてもらえるというのは言い過ぎかもしれませんが、終身雇用というセーフティーネットがあるわけです。よっぽど経営不振でリストラしなくてはならないという逼迫した状況以外での強制退職は禁じられているため日本は離職率が低いです。しかし外資系企業は成果を出すことが仕事をする上で最も重要課題なので、成果が出せないとリストラの対象になります。リストラされる前にもっと良い条件の会社を探して転職しようと考える人が出てきて当然かもしれません。なので、外資系の企業は日本企業に比べて離職率が高いと言えます。

外資系企業の離職率はどれくらい?関連ページ

外資系の特徴
外資系企業特有の特徴。
人気の外資系企業とは
外資系への転職方法
入職までの流れ
面接対策
転職回数について
外資系に転職するリスク
転職失敗のパターン
年収について
説明会に参加
外資系のメリットデメリット
ヘッドハンティング
オファーレター
福利厚生
動機に対する回答
安定は求められない?
外資系転職の注意点
外資系企業の仕事内容
外資系企業の仕事、その種類は?
外資系の現地採用
現地採用で働く外資系企業。
外資系の雰囲気
全体の雰囲気はどのようになっているのか。
外資系企業の人間関係
外資系企業でできる友人関係などについて。
外資系で求められる能力
外資系企業で求められる能力。