外資系企業の財務の仕事とは

外資系企業に財務として転職を行っていく場合、どのような点に注意していけば良いでしょうか。財務の仕事を求人している企業というのは日本国内だけでなく外資系の企業にもたくさんあります。もちろん、財務を問題なくこなすことができるためのスキルが必要なことをもちろんのこと、ビジネス英語を問題なく活用することができる程度の英語力も求められます。

 

TOEICは700から800を目指して

外資系企業に財務として転職をしていく場合、英語力の指標のひとつとしてTOEICの点数が重要となってきます。

 

TOEICの点数が600点程度であれば比較的英語使いこなすことができるとされていますが、外資系企業に財務として転職を行っていくとなる等、専門的な英語の知識なども求められる場合が想定されますので、TOEICの点数は700点から800点を目指して行きたいところです。

 

最近では、TOEICの点数を上げるための通信講座や教材などもたくさん販売されていますので、転職を行う前に、空いた時間などを見つけて英語力対策のための勉強を進めていくと良いですね。

 

BATICを持っていると転職に有利

外資系企業に財務として転職を行っていく場合BATICという資格を持っていると有利に働くことがあります。BATICというのは国際的な簿記試験、会計試験のことを言い、アメリカの会計基準に基づいた英文簿記や国際会計理論などに関する試験を言います。

 

試験の内容はもちろん英語となっていますのでBATICの資格を持っているというだけで外資系企業の財務に転職を行うのに随分と有利になるため資格の取得を検討してみましょう。