外資系企業のコンサルティング業務を担うには?

外資系コンサルティングの世界に転職を行っていくというのはコンサルタントの人たちにとってキャリアアップや年収アップに繋がる近道だと言われています。実際に、外資系コンサルティングの世界に入る人材というのは優秀な人材であったり、十分な実績やスキルを兼ねそろえている人たちというイメージがあるかもしれません。

 

確かにそれは間違いのないことではあるのですが、必ずしも高学歴な人たちだけが外資系企業が求めているというわけではありません。

 

求めているのは実績とスキル

外資系企業でのコンサルティング業務の転職者で重要視されているポイントというのはこれまでのコンサルタントの実績、コンサルティングスキルになっています。現在、外資系のコンサルティング会社というのは日系企業に押され気味だと言われています。

 

その理由として、これまでは外資系企業からのコンサルティングを受けていた中小企業が多かったのですが、日本国内でもコンサルティング業務が一般化することによって徐々にそちら側にシフトしているからなんです。

 

しかし、それでもなお外資系企業にコンサルティング業務を求めているところも非常に多く、外資系企業としては中途採用という形で非常に優秀なスキルや実績を持った方たちを転職者として迎え入れたいという背景があります。いわば、現場でしっかりと経験を積み重ねてきた人たちを重要視している傾向にあるということです。

 

今後も視野に入れて語学力も磨こう

外資系のコンサルティング会社というのは日本国内だけでなく、さらなる発展を求めて海外に進出していくことも考えられます。そのときに、第一線として活躍をしてくれる方を転職者として選ぶ傾向に強いので、優秀な実績とスキルを持ち合わせている人もちろんのこと、語学力が堪能な人というのも優遇される傾向にあります。

 

ですので、外資系コンサルティング会社に転職を考えている場合は語学力も磨いておくようにしましょう。