デザイナーとして外資系企業に転職するならここに注目!

外資系企業にデザイナーとして転職を行いたい、よりグローバルな環境で自分のデザインを磨いていきたい、試していきたいと考える方が増えてきています。やはりその背景としてはインターネットの普及やグローバル化社会による海外のデザインなどと触れ合う機会が増えてきているという点が挙げられます。

 

また、外資系企業が多く日本にも参入してきているというのも大きなポイントだと言えるでしょう。外資系企業にデザイナーとして転職を行っていく場合はどのようなポイントが重要視されているのでしょうか。

 

デザインのセンス

デザイナーとして外資系企業に転職を行っていく場合、当然のことですがデザインのセンスが第一に注目されます。どれだけ語学力が堪能であったとしても、デザインのセンスが無い、十分なデザインの能力を持ち合わせていないと判断されてしまった場合は外資系企業にデザイナーとして転職を行っていくのは難しいと言わざるを得ません。

 

特に、日本の企業とは異なり、外資系企業というのは実力主義が非常に色濃く出ています。そのため、実力のある人ほど良い待遇で迎えられて、実力が無いと判断されてしまった場合はきっぱりと切り捨てられてしまうというのは外資系企業の土壌のひとつとして覚えておくべきでしょう。

 

十分な語学力も必須

外資系企業へデザイナーとして転職していく場合はやはり語学力も必要不可欠な要素のひとつとして挙げられます。自分のデザインを相手に魅力的に伝えていくためにも語学力が必要ですし、クライアントからの要望をきちんと聴き入れるためにも十分なビジネス英語をこなせる程度には語学力が必要だとされています。

 

求人を出している企業などによってどの程度の語学力が必要なのかといったことは異なる部分がありますが、TOEIC600から800点を目標に語学力の向上を目指してみましょう。