金融関連の外資系企業に転職するならここが必須!

金融関連の外資系企業に転職を行おうという方も多いと思います。そこでここでは、金融関連の外資系企業で転職を行う際にどのようなポイントが重要視されているのか、どういったことを最低条件として用意しておかなくてはならないのかといった部分について紹介していきたいと思います。

 

英語力が必須条件

金融関連の外資系企業に転職を行っていく場合、ほとんどの外資系では英語力を必須条件として求めてきます。その英語力のレベルに関してもビジネス英語をを取り扱うことができるレベルを求める企業が非常に多く、TOEICであれば700点から800点程度が目安になっていることが多いようです。

 

とはいえ、全ての金融関連の外資系企業に転職をするためには英語力がなくてはならないのかということもなく、日常英会話レベルの英語力でも十分大丈夫だという外資系企業もたくさんあります。ちなみに、海外進出を目指している日系企業などの場合だと英語力は不要であったり、あれば有利である程度のところも多いです。

 

業界未経験者でも転職できる可能性がある

金融業界にも様々な職種がありますが、金融関連の外資系企業の転職では業界未経験という方でも転職を行うことができるチャンスがあります。

 

特に20代から30代前半といった若い世代の方たちであればそのチャンスが広がりやすく、未経験の方でも外資系の金融業界に転職を行うことを成功したケースも多数あります。

 

そのような場合だと、これまでにどのような仕事を経験してきたのか、どういったスキルを持ち合わせているのか、そしてそれらを金融業界にどのように活かすことができるのかといった点が重要となってきますので一度自分自身の経歴やスキルなどを見直してみることも大事です。