外資系企業の不動産関連の仕事を行うには?

不動産関連の外資系企業に転職を行っていく場合は、語学力の高さをもちろんのこと、不動産に関するスキルや資格などを有しているかというのもとても重要なポイントになってきます。

 

不動産関連の外資系企業というのは年々増加している傾向にあります。主に取り扱っている内容としてはテナントの誘致、交渉、賃貸借業務の代行業務などを中心としているところが多いようです。また、それらのほかにも、不動産関連の外資系企業ならではの点として、国際的に不動産を取り扱うといった一面もあります。

 

宅地建物取引主任者は必須といっていいレベル

不動産関連の外資系企業に転職を行っていく場合、語学力が必要になるのはもちろんのことなのですが「宅地建物取引主任者」の資格を持っていることが条件として設定されている場合が圧倒的に多いです。

 

そのため、宅地建物取引主任者の資格を持っていないという方は不動産関連の外資系企業に転職を行うチャンスすらもらうことができないことも珍しくありません。ですので、まずは日本国内の不動産関連の企業などをでしっかりとスキルや経験を積んだ上で外資系企業に転職を行うというのが一般的な流れとなっています。

 

実務経験も重要視

外資系企業というのは十分なスキルや経験などを持っている人ほど優遇する傾向にありて実務経験があまりない人というのは即戦力にならないと判断されて面接など審査をパスするのは難しくなると言われています。

 

それはもちろん不動産関連の外資企業も同じことです。ですので、十分な実務経験などを持ち合わせていない方はまずは実務経験を積んだ上で外資系企業への転職を検討してみる必要が出てくる場合も考えられます。