外資系企業の貿易業務に求められるスキルとは

貿易に携わる外資系企業というのはたくさんあります。ワールドワイドな活躍を行い、世界中をまたにかけて貿易事業を行っている外資系企業に転職を行うということは視野をもっと広く持つこともできますし、より多くの国に足を運ぶチャンスでもあります。

 

また、貿易という仕事は世界規模でのビジネスなどをかいま見えることができる職業のひとつですのでこれから先を見通す力、十分なコミュニケーション能力やパイプラインを作り上げていくことができるといった魅力があります。

 

求められる語学力は実に様々

貿易に携わる外資系企業に転職を行う場合、やはり第一に考えていかなくてはならないのが語学力の問題です。基本的には、どのような国との貿易を行っている外資系企業なのかによって何の言語を習得しているのが望ましいのかといったことは変わってくるのですが、例えば英語であればTOEICは400点程度から700点程度を指定しているところが多いようです。

 

400点程度と言えばそこまでレベルの高いものではありません。しかし一方で、700点程度といえば日常会話は問題なく行うことができるレベルだとされています。つまり、貿易を行う外資系企業に転職を行う場合に、それぞれの企業によって求められる語学力が大きく異なってくるということが分かります。

 

その他にも、アジア圏ないとの貿易を行っている外資系企業に転職を行う場合であれば、ネイティブレベルの中国語を話すことができる、タイやフィリピンなどで通用する語学力を希望するといったケースも珍しくありません。

 

職種も様々

貿易を行う外資系企業に転職を行う場合、どのような職種に就くのかというのも大事なポイントとなってきます。人気となっているのは貿易事務などなのですが、その他にも現地企業とのやりとりを行う、プロジェクトの管理を行うといったものもあります。