外資系企業への転職、ベンチャー企業出身者は期待されやすい

外資系企業に転職を行う場合、大手企業からの転職もあれば、中堅企業からの転職、ベンチャー企業からの転職など様々な場所から転職を行っていくことだと思います。そこで気になるのが、やはり大手企業からの転職者の方が外資系企業にとって評価が高いのではないか?と考える方もいると思います。

 

しかし、実際のところを見てみると外資系企業の人達は「どのような企業で働いていたのか」という点を重視しているのではなく、「これまでにどのような経験をしてきたのか」「どのようなスキルを持っているのか」「即戦力として使うことができるのか」といった点を重要視しています。

 

そのため、大企業出身者の方が外資系企業に転職を行う場合、思っていた以上に難航してしまうことも珍しくありません。その理由として、大きなプロジェクトに携わった経験を持っているものの、プロジェクト自体があまりにも大きいためその人自身の実績として評価してもらえないといったことがあるからです。

 

一方で、ベンチャー企業出身者で外資系企業に転職を行った場合、少数精鋭で経営を行っていくというスタイルを通っていることが多いベンチャー企業で働いていたということで「即戦力として役に立つのではないか」と期待されることが多いようです。

 

大事なことは即戦力としての魅力があるか

このように、外資系企業へ転職を行っていく場合どのような企業の出身者なのかといった部分で期待される度合いが変わってくることも珍しくありません。実力主義を重要視している外資系企業ならではの考え方とも言えるでしょう。

 

外資系企業は転職者を中途採用した場合、仕事の内容を教えていって磨いていくといった考え方を基本的にはないものと考えてください。明日からすぐに即戦力として働いてくれる人材を求めているんです。

 

ですので、ベンチャー企業出身だからといって外資系企業に転職をするのは難しいのではないかと考えるのではなく、自分がどのような経験を強いどのようなスキルを持っているのかをきちんと生理してアピールすることができるように用意しておきましょう。