手続き・面接など記事一覧

コンサルタント・ヘッドハンターにコンタクトする一番簡単は方法は、インターネット上からメール等を通じて履歴書・レジュメを発送することです。英文で、転職を考えている旨を本文に書いておくります。例えば、「外資系企業へ転職を考えている」「新しいポジションを探している」などと言ったように具体的なことをしっかりと書きます。このときに、その後の面談をスムーズに進ませるため、和文の履歴書と英文のレジュメ(経歴書・...

外資系企業へのエントリーには履歴書を英文で書かなくてはなりません。日本では応募時の書類として、学歴・職歴などが記入された履歴書と、職務経験が記入された経歴書を1組にしたものが必要となりますが、外資系企業での英文の履歴書・レジュメは1つの様式に学歴・職歴を記入したものになります。簡単に概要を説明しますと、氏名や居住地、電話番号、希望ポジションなどの下に、自分の経歴や自己PRを記入します。そして、その...

外資系企業へ転職する際には、必ず面接やインタビューが行われます。日系企業でも転職の際には、ほとんどが面接を行いますが、外資系企業の面接は、日系企業の面接とは少し違っていることが多いようです。まず、面接スタイルの形式がさまざまなケースが多いことが挙げられます。外資系企業の社風によっても異なりますが、日本のように格式ばっておらず、比較的フレンドリーな環境で面接される場合が多いようです。そして面接の方法...

転職エージェントを使った転職活動によって、企業側が貴方に関心を持った場合に転職エージェントを介して面接の依頼がきます。一度、転職エージェントを介した場合は、基本的には面接の日程などの調整は全て転職エージェントを仲介して行われていきます。面接内容は、外資系企業といっても日本企業の面接とそれほど違いはありません。「自身の経歴をどのようにして企業で生かせるか」「入社した場合、どのように企業に貢献できるか...

国内の企業と比較して、外資系企業の面接スタイルは色々あります。日系企業での面接は、ほとんどが自ら企業へ出向きで担当者と直接会って行いますが、外資系企業の場合は下記のようなさまざまな面接(インタビュー)スタイルで行われます。電話面接当地のオフィスから外資系企業のインタビュアーと電話を介して面接する方法です。この場合、キャンディデート(候補者)の自宅や先方企業の関連会社のオフィス内、転職エージェントの...