外資系企業と日系企業の面接にはどんな違いがあるのか

外資系企業へ転職する際には、必ず面接やインタビューが行われます。日系企業でも転職の際には、ほとんどが面接を行いますが、外資系企業の面接は、日系企業の面接とは少し違っていることが多いようです。

 

まず、面接スタイルの形式がさまざまなケースが多いことが挙げられます。外資系企業の社風によっても異なりますが、日本のように格式ばっておらず、比較的フレンドリーな環境で面接される場合が多いようです。

 

そして面接の方法も日系企業とは大きく異なり、電話やテレビ会議を介しての面接や、ホテルの一室やラウンジ、また大使館内での面接などもあるそうです。

 

さらに面接の内容として、具体的な数値や事例について聞かれることが多いのも外資系企業での面接の特長といえるでしょう。また、企業から求められる受け答えも、国内企業と外資系企業とでは、大きく異なっているようです。

 

外資系企業へ転職する際の面接を受けるときに、これら違いをよく理解しておき、事前に企業側の求めることを明白にしておくことが、転職活動の成功へ繋がるのではないでしょうか。