外資系企業に提出する英文履歴書のポイント

外資系企業へのエントリーには履歴書を英文で書かなくてはなりません。

 

日本では応募時の書類として、学歴・職歴などが記入された履歴書と、職務経験が記入された経歴書を1組にしたものが必要となりますが、外資系企業での英文の履歴書・レジュメは1つの様式に学歴・職歴を記入したものになります。

 

簡単に概要を説明しますと、氏名や居住地、電話番号、希望ポジションなどの下に、自分の経歴や自己PRを記入します。そして、その更に下に、今の職歴と経歴、またその後に大学名や専攻科目なども記入していきます。

 

詳しく知りたい方は、英文での履歴書についての記入方法や記載例などが載っている参考図書も多数ありますので、参考にして下さい。

 

ただし履歴書を記入する際には、とことん自分をPRするように書くように気を付けてください。どんな小さなことでも良いので自分のセールスポイントとして売り込んで下さい。

 

例えば、

・今まで経験した素晴らしいこと
・その経験を企業や希望ポジションでどのようにして生かせるか
・自分を採用することでどれだけ企業に貢献できるか

などといった内容を、しっかりと記入して下さい。

 

日本人は謙遜を美徳とするような特徴がありますが、それは海外では通用しません。外国の受験者たちは、自分がどれだけ素晴らしいかを猛烈に主張し、採用されようとしています。

 

つまり、外資系企業での人事担当者は日常的にそのような自己PR文を見てきていますから、自分を売り込まない履歴書では、なんのセールスポイントもない人間だと捉えられてしまいます。

 

履歴書やレジュメは企業と貴方が最初に接触するための手段です。つまり、第一印象は、面接ではなく履歴書によって採用担当者に伝わってしまいます。思いきって自分を売り込んでいきましょう。

外資系企業での英文履歴書の書き方や重要性関連ページ

最初のコンタクト
面接の違い
外国人面接官攻略法
さまざまな面接スタイル