外国人面接官との面接はここを押さえる!

転職エージェントを使った転職活動によって、企業側が貴方に関心を持った場合に転職エージェントを介して面接の依頼がきます。一度、転職エージェントを介した場合は、基本的には面接の日程などの調整は全て転職エージェントを仲介して行われていきます。

 

面接内容は、外資系企業といっても日本企業の面接とそれほど違いはありません。

 

「自身の経歴をどのようにして企業で生かせるか」
「入社した場合、どのように企業に貢献できるか」

 

面接は、自身を売り込む場なので、いかにして自分をPRできるかが重要となります。しかし、面接官は外国人ですので、下記の点に気を付けた方がいいでしょう。

 

それは、一言でいうならば「謙遜をしない」ことです。日本人の特徴として謙遜してしまいがちですが、外国人相手では通じません。ましてや自分をPRする面接で、自分を低く評価する謙遜は最もしてはいけない行為です。

 

英語が得意でなくても、面接で自信がないなどと言う必要はありません。面接官は外国人です。面接で貴方の英語を直に聞いているわけなので、貴方の英語力は言わなくても感じ取ります。

 

それと、自分の長所や自己PRなどはいくつか言えるようにしておくことも大切です。海外の採用面接は、自身を売り込む場だという捉え方をしています。ライバルである当地の転職希望者は自身の優れている点や、いかに会社の戦力になれるかを精一杯アピールしてきます。

 

つまり、そんな自己PRに聞き慣れてしまっている面接官にとっては、自身のセールスポイントを言わない転職者は、セールスポイントが無く、採用するメリットのないような魅力ない人材に見えてしまう可能性があります。

 

外国人との面接は、少しやりすぎだと思うくらいに過度に自己PRするのが効果的です。もち当然、できないことをできると言ったり、明らかな嘘をつくなどは絶対にしてはいけません。

 

万が一できないことを聞かれた場合は、「チャレンジする」や「トライしてみる」などという風な、ポジティブな表現を使うことをオススメします。また、英語に自身がない人は、事前に想定される質問を英文で一覧にしておくといいでしょう。

 

面談終了後に、転職エージェントから連絡が入ります。先方の企業の印象や感想、どんな質問をされたか、面接時間はどの程度だったかなどを聞かれます。また、その企業で次のステップへ進みたいと言えば、転職エージェントから企業へその旨を連絡し、企業側も貴方に好印象を持ったなら、次へ進むことができます。

 

一般的には、人事担当者から直属の上司、部門長という面接プロセスで、採用に至るまでに2〜4回程度の面接があります。また、同僚からインタビューを受けたり、英語の試験や適正試験を行ったりする企業もあります。