外資系の転職に語学力はどのくらい必要なのか

外資系というと海外の企業という印象を受ける方もいるかもしれません。しか最近は外資系の保険会社やホテル、アパレルなどが参入してきているので「外資系」と聞いても単に海外企業という印象を受けにくい人もいるかもしれません。私自身は後者の方で外資系と言っても、業種によっては日本企業と大して差はないのではないかと思っています。

 

しかし、実際のところ外資系の会社に転職するとなると語学力はどのくらい必要になるのでしょうか。数年前になりますが、新卒の就職活動時にユニクロでは「来年から社内の公用語を英語にします。」と人事担当の方が言っていました。つまり、日常英語程度は最低限求められるということです。また、企業によっては募集条件に英語が話せることが必須条件としているところもあります。ですが、その一方で外資系と言っても保険会社であれば語学力は必要ありません。それはそうです。営業をするのは日本人に対してですから。法人、個人の違いはあっても言葉の壁はそうそうないはずです。そうなれば特別、語学力を求められる事もないわけです。

 

ただ、ここで気をつけたいのは社内の公用語が英語だとして、同じ社内に日本人だけでなく色々な国の人が勤めている場合です。英語と言ってもアメリカ英語とイギリス英語に代表されるように同じ英語でも若干変わります。もちろん、国によっては訛りもあるので、語学力だけでなく柔軟な「耳」も求められる場合があります。また、日常英語とビジネス英語は違うので、できればビジネス英語のスキルを上げるといいかもしれません。あくまで、外資系の会社で働くと想定しているわけです。もしかしたら英語で仕事のプレゼンをする・・・なんてことがあるかもしれないですよね。だとすると必要なのはビジネス英語になってくるわけです。

 

ですが、業種や部署によって語学力が求められるか否かは大きく変わります。なので、もし外資系に興味がある方はその辺りを自分の語学力と照らし合わせるといいかもしれないですね。

外資系の転職と語学力関連ページ

外資系の転職と中国語
中国語は役に立つ?
外資系の転職と英語
英語が役に立つケース。
toeic試験の点数
toeicテストは受けるべき?
転職に有利な資格
結局転職に有利な資格とは何なのでしょう?
仕事内容と語学力
仕事内容とそれに必要な語学力。