外資系の仕事内容と必要な語学力

外資系の企業といっても仕事内容は日本の企業と変わりません。総務、営業、経理、設計、技術、開発などがあります。ただし、外資系の企業と日本企業の仕事をするにあたって必要なスキルで最も異なるのは語学力かもしれません。そのスキル自体も仕事内容によっては必要でない場合もあります。ですが外資系企業なので英語が必須という場合ももちろんあります。例えば、企画などの総合職は英語が必須になります。外資系のトップは外国人の場合がほとんどですし、本社の社員は英語でコミュニケーションを取っています。なぜなら外資系企業の本社は海外にあるからです。当たり前ですが、働くのはほとんどが日本ですから、現実味がないと感じる方も少なくないはずですよね。そういうわけで本社からのメールも英語だったりします。社内メール全て英語で読めないと仕事以外のことでストレスが生じてしまいますよね。ちなみに英語の話の関連ですが、出世を狙うならTOEIC700点以上は取っておく必要があります。TOEICはリーディングとリスニングがメインなので、それで高得点をとっておけば、ひとまず最低限の英文のメールを読むくらいはできるはずです。他に英語のスキルが必要な場合は経理です。経理の仕事内容は海外の会計基準や国際基準で処理をする必要があったりするので専門的な英語のスキルを身につける必要があります。技術や開発などは最低限の英語スキルが身につけてあれば大丈夫という企業が多いようです。ただし、エンジニアがほとんど日本人なら最低限の英語力でもいいでしょうが、外国人と一緒に仕事をするとなると高度な専門用語などをきちんと理解しておかないと仕事がスムーズに進まなくなるかもしれませんね。

 

しかし、仕事内容によっては英語は必要ありません。例えば、営業だと自社の商品をお客様に購入してもらうために売り込んだりするわけですが、その売り込む相手は法人、個人の差はあっても日本人であることがほとんどです。そうなると英語で話すことはないですよね。
このように、仕事内容によって英語の必要度合いは変わってくると言えそうです。

仕事内容と必要な語学力関連ページ

外資系の転職と語学力
スキルとしての語学力。
外資系の転職と中国語
中国語は役に立つ?
外資系の転職と英語
英語が役に立つケース。
toeic試験の点数
toeicテストは受けるべき?
転職に有利な資格
結局転職に有利な資格とは何なのでしょう?