外資系の転職はtoeicは必要?

私が就職活動時に集団面接をしていて同席していた他の学生が「私の強みがTOEIC800点です。」といったところ「へ〜、すごいね〜。」とサラリと面接官に流されていたのを覚えています。その時私は「TOEICって取っておいた方が面接は有利だと思っていたけど、必ずしもそうではないのかもしれないな・・・。」という感想を抱きました。しかし、実際のところ、TOEICはどのくらい重視されているのでしょうか。

 

 

外資系の会社に転職を考えているのであれば、TOEICは700〜750点は取っておいた方がいいということを耳にしたことがあります。TOEICでそれなりの点をもっていると、少なくとも会社はその人にポテンシャルを見出してくれる可能性があるからです。ですが、TOEICが高得点だからといって、英語が話せるとは限らないというのがTOEICの落とし穴です。なぜなら、TOEICはリーディングとリスニングだけの点数だからです。「読む」「聞く」能力を表したのがTOEICなので、教養があるか否かの判断基準でしかない会社もあるそうです。それよりも、海外でホームスティを1年したとか、ワーキングホリデーにいっていたとかで現地の人と英語でコミュニケーションを取れている方がよっぽど会社としては魅力的な人材だからです。ですが、その一方でTOEICが求められるのも事実です。なぜなら、本社から送られてくるメールや、渡された資料がすべて英語だったという場合も少なくないからです。せめてリーディング、リスニングができないと英語のメールや教材は読めませんし、本社にいる外国人の社員の話すら聞けません。また、最近ではTOEIC受験を義務付ける企業も増えてきていますので、時間のあるうちにハイスコアを狙って勉強しておくのは決して損ではないはずです。

 

自分の語学力をアピールしたいのであればTOEIC900点以上ないと外資系の会社では相手にされないようです。外資系の会社へ転職を考えているのであればまずはTOEICを受けて自分の実力を把握するのも必要だと言えそうです。

外資系の転職はtoeicは必要?関連ページ

外資系の転職と語学力
スキルとしての語学力。
外資系の転職と中国語
中国語は役に立つ?
外資系の転職と英語
英語が役に立つケース。
転職に有利な資格
結局転職に有利な資格とは何なのでしょう?
仕事内容と語学力
仕事内容とそれに必要な語学力。